超初心者向けアフィリエイトの始め方

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

CPA(米国公認会計士)の資格をとろう!

2007.05.14(22:18)
どんな資格でも、やっぱり「できるだけ早く!」合格したいですよね!
今回はCPA(米国公認会計士)についてのご紹介!!

U.S. CPA(U.S. Certified Public Accountant, 米国公認会計士)は、米国各州が認定する公認会計士資格です。
その歴史は、ニューヨーク州において公認会計士制度が創設された1896年にまで遡ることができ、
第1回公認会計士試験が施行された1917年から数えても90年近い歴史を誇ります。
このことからもU.S.CPAは、世界で最も広く認知されたビジネス資格と言っても過言ではありません。
CPAに並ぶビジネス資格としては、弁護士資格がありますが、弁護士資格とCPA資格の大きな違いは、活躍の場の広がりです。

たとえば、現在AICPA(米国公認会計士協会)に登録している会員は、33万人を超えますが、
会計事務所で監査業務等に従事するCPAは、全体の4割に過ぎません。
その他の6割は事業会社や官公庁で会計・財務を中心とする幅広いポジションで活躍しており、
経営職としてCFO(最高財務責任者)さらにはCEO(最高経営責任者)といったポストに就く例も決して少なくありません。

CPA(米国公認会計士)資格は、資系企業や、コンサルティングファームへの転職成功率90%の資格といわれています。

MBAや弁護士の資格をとるとしたら勤務しながら取得するのはかなり難しいですよね。
でもCPA(米国公認会計士)は働きながらでも資格取得が狙える国際資格です。
アメリカでは、弁護士と並ぶステータスの高い資格で、グローバル・ライセンスとして認知されています。
外資系企業へ転職をお考えの方、キャリアアップの為には是非とっておきたいですよね!!

国際資格専門校「U.S.エデュケーション・ネットワーク」は「100%日本語環境で学べる事」
で学習効率を高める、独自のノウハウで、会計知識ゼロ、TOEIC400点台の人でも無理なく合格を狙えます。
スクールは新宿、銀座、大阪の3ヶ所、駅からすぐの好アクセスだから、仕事帰りに無料セミナーに参加してみるのもよいかもしれませんね

「教育訓練給付金制度」対象講座だから、対象者の方は、最大20万円が戻ってくるのもうれしいことですね!
関連記事

<<オンラインゲームを楽しむなら♪ | ホームへ | キャリアプロデュースプログラムでキャリアアップ!>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://pokomama0410.blog95.fc2.com/tb.php/105-bab9c8b7
  • ビジネス環境および諸概念 (US CPA集中講義【CPAの日】
    ビジネス環境および諸概念 (US CPA集中講義)・body combat 33を覚えている範囲で・モデリートスピードスリム成分・その他詳細・CPA(米国公認会計士)の資格をとろう!・ブログクリップ詳細情報・上場会社監査事務所名簿等・間違いだらけの資格選び? (資格ビジネスにだま
【2007/09/30 01:54】
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

超初心者向けアフィリエイトの始め方

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

CPA(米国公認会計士)の資格をとろう!

2007.05.14(22:18)
どんな資格でも、やっぱり「できるだけ早く!」合格したいですよね!
今回はCPA(米国公認会計士)についてのご紹介!!

U.S. CPA(U.S. Certified Public Accountant, 米国公認会計士)は、米国各州が認定する公認会計士資格です。
その歴史は、ニューヨーク州において公認会計士制度が創設された1896年にまで遡ることができ、
第1回公認会計士試験が施行された1917年から数えても90年近い歴史を誇ります。
このことからもU.S.CPAは、世界で最も広く認知されたビジネス資格と言っても過言ではありません。
CPAに並ぶビジネス資格としては、弁護士資格がありますが、弁護士資格とCPA資格の大きな違いは、活躍の場の広がりです。

たとえば、現在AICPA(米国公認会計士協会)に登録している会員は、33万人を超えますが、
会計事務所で監査業務等に従事するCPAは、全体の4割に過ぎません。
その他の6割は事業会社や官公庁で会計・財務を中心とする幅広いポジションで活躍しており、
経営職としてCFO(最高財務責任者)さらにはCEO(最高経営責任者)といったポストに就く例も決して少なくありません。

CPA(米国公認会計士)資格は、資系企業や、コンサルティングファームへの転職成功率90%の資格といわれています。

MBAや弁護士の資格をとるとしたら勤務しながら取得するのはかなり難しいですよね。
でもCPA(米国公認会計士)は働きながらでも資格取得が狙える国際資格です。
アメリカでは、弁護士と並ぶステータスの高い資格で、グローバル・ライセンスとして認知されています。
外資系企業へ転職をお考えの方、キャリアアップの為には是非とっておきたいですよね!!

国際資格専門校「U.S.エデュケーション・ネットワーク」は「100%日本語環境で学べる事」
で学習効率を高める、独自のノウハウで、会計知識ゼロ、TOEIC400点台の人でも無理なく合格を狙えます。
スクールは新宿、銀座、大阪の3ヶ所、駅からすぐの好アクセスだから、仕事帰りに無料セミナーに参加してみるのもよいかもしれませんね

「教育訓練給付金制度」対象講座だから、対象者の方は、最大20万円が戻ってくるのもうれしいことですね!
関連記事

<<オンラインゲームを楽しむなら♪ | ホームへ | キャリアプロデュースプログラムでキャリアアップ!>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://pokomama0410.blog95.fc2.com/tb.php/105-bab9c8b7
  • ビジネス環境および諸概念 (US CPA集中講義【CPAの日】
    ビジネス環境および諸概念 (US CPA集中講義)・body combat 33を覚えている範囲で・モデリートスピードスリム成分・その他詳細・CPA(米国公認会計士)の資格をとろう!・ブログクリップ詳細情報・上場会社監査事務所名簿等・間違いだらけの資格選び? (資格ビジネスにだま
【2007/09/30 01:54】
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。