超初心者向けアフィリエイトの始め方

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本格焼酎と混和焼酎の違いについて

2009.02.10(17:12)
寒い季節には、きゅっと一杯、焼酎のお湯割りなど温かいお酒が飲みたくなりますよね。「本格焼酎」という言葉がありますがご存知でしょうか。焼酎ブームがおきてから米や麦、芋などのいろいろな本格焼酎が人気になりましたよね。でも「焼酎」とひと口に言っても、大きく分けて2種類の焼酎が存在するみたいなんです。

まずひとつ目が「本格焼酎」です。この本格焼酎は従来は「乙類焼酎」とも言われていました。これは、呼んで字のごとく昔から日本で造られてきた伝統的なお酒のことで単式蒸留機で一回だけ蒸留するために原料の風味や個性を残しているのが特徴といえます。また、そういった本格焼酎の中でも黒こうじをつかった沖縄特産の焼酎のことをを「泡盛」といいます。本格焼酎はお湯割りや水割りなどでおいしく飲めますからお酒好きにはたまらないですよね。

それに対していわゆる「甲類焼酎」ですが原料には特にこだわっていないようです。廃糖蜜などを発酵させたもろみから連続式蒸留機をつかって純粋なアルコールに近いものを造って、それを水で薄めたお酒なのです。同じ焼酎という名前の蒸留酒であっても、本格焼酎といわゆる甲類焼酎では、基本的な製法や原料などが異なるというわけなのです。

最近になって市場に出回り始めている「甲乙混和焼酎」というものがあります。ご存知のかたもいらっしゃるでしょうか。甲乙混和焼酎とは、先述した乙類焼酎と甲類焼酎を混ぜたものだそうです。わたしは甲乙混和焼酎の違いについて初めて知ったので驚きました。

甲乙混和焼酎の場合、容器などの表示をみてみると乙類焼酎と甲類焼酎の比率が記載されています。しかし、ほとんどが「米」「芋」といった冠を目立たせて表示されているため分かりにくくなっているようです。

「麦焼酎」と明記されているから「本格焼酎」だと思い実際に購入してみたら、実は「混和焼酎」だったというような経験をもっている方もいるかもしれませんね。この間、購入した焼酎も、ひょっとしたら混和焼酎かもしれませんよ。一度ラベルをよく見てみてみるとよいでしょう。「本格焼酎」と明記されていれば、それは本物のしるし♪焼酎がもつ本来の豊かな味わいと風味を楽しみたいという方は、ぜひ「本格焼酎」を買ってみてくださいね!!

お酒好きとしましては、本格焼酎をぜひ味わいたいものです。やっぱり本物ならではの風味や味わいは一度飲んだらやめられないでしょう♪甲乙混和焼酎の違いについてきちんと知ることができてこれからは間違わずに買えそうです!!

関連記事

<<『Kiss Me ヒロインメイク』のマスカラCM!あなたはどの動画を気になりますか?? | ホームへ | 予算重視の学生さんを応援する三井商船フェリー「パシフィックストーリー」>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://pokomama0410.blog95.fc2.com/tb.php/157-52ae1723
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

超初心者向けアフィリエイトの始め方

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本格焼酎と混和焼酎の違いについて

2009.02.10(17:12)
寒い季節には、きゅっと一杯、焼酎のお湯割りなど温かいお酒が飲みたくなりますよね。「本格焼酎」という言葉がありますがご存知でしょうか。焼酎ブームがおきてから米や麦、芋などのいろいろな本格焼酎が人気になりましたよね。でも「焼酎」とひと口に言っても、大きく分けて2種類の焼酎が存在するみたいなんです。

まずひとつ目が「本格焼酎」です。この本格焼酎は従来は「乙類焼酎」とも言われていました。これは、呼んで字のごとく昔から日本で造られてきた伝統的なお酒のことで単式蒸留機で一回だけ蒸留するために原料の風味や個性を残しているのが特徴といえます。また、そういった本格焼酎の中でも黒こうじをつかった沖縄特産の焼酎のことをを「泡盛」といいます。本格焼酎はお湯割りや水割りなどでおいしく飲めますからお酒好きにはたまらないですよね。

それに対していわゆる「甲類焼酎」ですが原料には特にこだわっていないようです。廃糖蜜などを発酵させたもろみから連続式蒸留機をつかって純粋なアルコールに近いものを造って、それを水で薄めたお酒なのです。同じ焼酎という名前の蒸留酒であっても、本格焼酎といわゆる甲類焼酎では、基本的な製法や原料などが異なるというわけなのです。

最近になって市場に出回り始めている「甲乙混和焼酎」というものがあります。ご存知のかたもいらっしゃるでしょうか。甲乙混和焼酎とは、先述した乙類焼酎と甲類焼酎を混ぜたものだそうです。わたしは甲乙混和焼酎の違いについて初めて知ったので驚きました。

甲乙混和焼酎の場合、容器などの表示をみてみると乙類焼酎と甲類焼酎の比率が記載されています。しかし、ほとんどが「米」「芋」といった冠を目立たせて表示されているため分かりにくくなっているようです。

「麦焼酎」と明記されているから「本格焼酎」だと思い実際に購入してみたら、実は「混和焼酎」だったというような経験をもっている方もいるかもしれませんね。この間、購入した焼酎も、ひょっとしたら混和焼酎かもしれませんよ。一度ラベルをよく見てみてみるとよいでしょう。「本格焼酎」と明記されていれば、それは本物のしるし♪焼酎がもつ本来の豊かな味わいと風味を楽しみたいという方は、ぜひ「本格焼酎」を買ってみてくださいね!!

お酒好きとしましては、本格焼酎をぜひ味わいたいものです。やっぱり本物ならではの風味や味わいは一度飲んだらやめられないでしょう♪甲乙混和焼酎の違いについてきちんと知ることができてこれからは間違わずに買えそうです!!

関連記事

<<『Kiss Me ヒロインメイク』のマスカラCM!あなたはどの動画を気になりますか?? | ホームへ | 予算重視の学生さんを応援する三井商船フェリー「パシフィックストーリー」>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://pokomama0410.blog95.fc2.com/tb.php/157-52ae1723
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。