超初心者向けアフィリエイトの始め方

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

国際資格を取得してキャリアアップ!!

2007.04.12(07:29)
転職・キャリアアップをしたい方にオススメ!

U.S.エデュケーション・ネットワークは、世界に通用する国際資格取得を
時間のない方、知識のない方でも"できるだけ早く!楽に!"
成功に導くリーディングスクールです。

校舎は新宿本校、銀座校、大阪校で何れも駅徒歩5分以内とアクセスのよい立地ですので、仕事帰りでも気軽に立ち寄れます。

資格をとりたいけどどこで勉強したらいいのか分からない・・・
早く楽にとりたい!仕事が忙しい方・・・
専門校ならではの独自のノウハウでサポートします。

とりあつかう資格は下記の3つでどれも国際的に認識されたビジネス資格です。
求人ニーズも高く、取得後の活躍の場が大きく広がります。

① CPA(米国公認会計士)外資系企業への転職をお考えの方、キャリアアップの為には大変有利な活躍の場が広がる資格です。
MBAや公認会計士だと、勤務しながらでは難しいと思われます。
U.S.エデュケーション・ネットワークの米国公認会計士(CPA)の資格なら、
会計知識ゼロ、TOEIC400点台の人でもお仕事をしながら合格が狙えます。

② CIA(公認内部監査人)
公認内部監査人といって、企業の内部監査に指導的な役割をになっている
IIA(The Institute of Internal Auditors)が認定する国際的な資格です。
内部監査とは、企業の経営目標の効率的な達成に貢献することを目的として、
公正かつ独立の立場で企業の内部統制が適切に運用されているかを評価し、改善を促す業務です。
日本でも1999年から日本語での受験が可能になり現在約1,600名がこの資格を保有しています。
特に内部統制に対する重要性が認識されるようになった近年、わが国でも内部監査人の能力を
証明するCIA試験の認知度は高まる一方で、監査法人やコンサルティング会社などをはじめとして
ニーズは急上昇中です。

③ CISA(公認情報システム監査人)CISAとは情報システムの監査および、セキュリティ、コントロールに関する高度な知識、
技能及び経験を有するプロフェッショナルとして
ISACA(The Information Systems Audit and Control Association, Inc. ; 情報システムコントロール協会)が
認定する国際資格で、日本語では「公認情報システム監査人」と称します。
CISA「公認内部監査人」資格は、全世界で、 35,000人、国内の資格取得者も1,000人を突破し、
注目度も大幅アップ。
情報システム監査で最も歴史の長い資格で、監査法人への転職やキャリアアップを考えている人にとっては最適です。
もちろん、情報システムの監査人としても活躍できます。


関連記事

<<お母さんへ贈る花 | ホームへ | 業界初!人材情報マッチ型求人サイト>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://pokomama0410.blog95.fc2.com/tb.php/46-0850e344
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

超初心者向けアフィリエイトの始め方

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

国際資格を取得してキャリアアップ!!

2007.04.12(07:29)
転職・キャリアアップをしたい方にオススメ!

U.S.エデュケーション・ネットワークは、世界に通用する国際資格取得を
時間のない方、知識のない方でも"できるだけ早く!楽に!"
成功に導くリーディングスクールです。

校舎は新宿本校、銀座校、大阪校で何れも駅徒歩5分以内とアクセスのよい立地ですので、仕事帰りでも気軽に立ち寄れます。

資格をとりたいけどどこで勉強したらいいのか分からない・・・
早く楽にとりたい!仕事が忙しい方・・・
専門校ならではの独自のノウハウでサポートします。

とりあつかう資格は下記の3つでどれも国際的に認識されたビジネス資格です。
求人ニーズも高く、取得後の活躍の場が大きく広がります。

① CPA(米国公認会計士)外資系企業への転職をお考えの方、キャリアアップの為には大変有利な活躍の場が広がる資格です。
MBAや公認会計士だと、勤務しながらでは難しいと思われます。
U.S.エデュケーション・ネットワークの米国公認会計士(CPA)の資格なら、
会計知識ゼロ、TOEIC400点台の人でもお仕事をしながら合格が狙えます。

② CIA(公認内部監査人)
公認内部監査人といって、企業の内部監査に指導的な役割をになっている
IIA(The Institute of Internal Auditors)が認定する国際的な資格です。
内部監査とは、企業の経営目標の効率的な達成に貢献することを目的として、
公正かつ独立の立場で企業の内部統制が適切に運用されているかを評価し、改善を促す業務です。
日本でも1999年から日本語での受験が可能になり現在約1,600名がこの資格を保有しています。
特に内部統制に対する重要性が認識されるようになった近年、わが国でも内部監査人の能力を
証明するCIA試験の認知度は高まる一方で、監査法人やコンサルティング会社などをはじめとして
ニーズは急上昇中です。

③ CISA(公認情報システム監査人)CISAとは情報システムの監査および、セキュリティ、コントロールに関する高度な知識、
技能及び経験を有するプロフェッショナルとして
ISACA(The Information Systems Audit and Control Association, Inc. ; 情報システムコントロール協会)が
認定する国際資格で、日本語では「公認情報システム監査人」と称します。
CISA「公認内部監査人」資格は、全世界で、 35,000人、国内の資格取得者も1,000人を突破し、
注目度も大幅アップ。
情報システム監査で最も歴史の長い資格で、監査法人への転職やキャリアアップを考えている人にとっては最適です。
もちろん、情報システムの監査人としても活躍できます。


関連記事

<<お母さんへ贈る花 | ホームへ | 業界初!人材情報マッチ型求人サイト>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://pokomama0410.blog95.fc2.com/tb.php/46-0850e344
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。